SSLサーバー証明書の有効期間を13か月に短縮

AppleがSafariブラウザにおいて、2020年9月よりSSL証明書の最大有効期間を398日に短縮すると発表しました。
Safariとは、Appleで開発されているWebブラウザであり、パソコンであるMacの他にiPhoneやiPad、Apple TV、Apple Watchなどの端末に搭載されています。
Safariで表示した場合、2020年9月1日以降に発行された「有効期間が399日以上」のSSLサーバー証明書(以下、SSL)が信頼されないということになります。

購入済み・利用中のSSLは大丈夫?

現時点(2020年3月)で既に購入・利用している「有効期間が2年のSSL」には影響はないので安心してください。
Appleの発表では、2020年9月1日より前(8月31日以前)に発行されたSSLは、警告の対象外になるようです。
現状では問題ありませんが、次回更新時は必要に応じて有効期間が1年のSSLを購入する必要があります。

今後の対応は?

WEBサイト用のSSLを購入する場合、2020年9月1日以降は1年更新にする必要があります。
何故なら「Safariでエラーが出る」となると、日本で6割近いスマートフォンのシェアを占めるiPhoneでエラーが出る(サイトが閲覧できなくなる)ということになります。
影響としては非常に大きく、無視できないので注意が必要になります。

SSLにご不明点がございましたら、一度ご相談下さい。

お問い合わせ

関連記事

  1. 『飲食店応援委員会』チラシ100枚無料進呈

  2. 新型コロナウイルス支援情報まとめ

  3. 雇用調整助成金に関するご案内

  4. Googleマップ、テイクアウト・デリバリー対応店舗を分かりやすく表示…

  5. 香川県前向きに頑張る事業者を応援する総合補助金

  6. 香川県民限定!宿泊料半額キャンペーン開始

  7. エックスサーバーで法人向けクラウドストレージサービス『エックスドライブ…

  8. エックスサーバーで法人向けクラウドストレージサービス『エックスドライブ…

アーカイブ

PAGE TOP